トップ > グレーゾーンとみなし弁済 > グレーゾーンと過払い金の関係


グレーゾーンと過払い金の関係

グレーゾーンと過払い金の関係


いったいどうして過払い金を請求できるのでしょうか。

法律の改定により可能になったのです。


数年前までは、金利において2つの異なった法律が存在していました。


【利息制限法と出資法】です。


この法律の間には金利の格差がありました。


グレーゾーンの金利については過払い金請求に関して、とても大切なことになりますので、是非理解して欲しいものです。

利息制限法は、100万円以上の貸付金利は15%、10万以上100万円未満は18%、10万円未満は20%という利息でした。


一方、出資法によると利息の上限は29.2%となっていました。


そこで、消費者金融業者はより利益の見込める出資法の金利を採用していました。

利息制限法で、解釈すれば違法な金利ですが、出資法では合法だったことが問題でした。


この間の金利がグレーゾーンと言われ、過払い金を生み出したものです。


この問題は以前から言われていましたが、利息制限法には罰則が設けられておらず、利益を追求する貸金業者は、この矛盾を抱えた法律を利用したきたのです。


しかしもっと早く法律の見直しをしていれば、この矛盾も解決され、高い利息を払い続けることもなかったのではないでしょうか。


過払い金請求にはお金もかかりますが、過払い金を回収することでご自分の資産の一部を取り戻せたらよいですね。

この記事のカテゴリーは「グレーゾーンとみなし弁済」です。
関連記事

過払い金請求の対抗策、みなし弁済

過払い金請求の対抗策、みなし弁済 過払い金請求する場合、大きな障害となる可能性も...

過払い金請求の対抗策、みなし弁済

過払い金請求の対抗策、みなし弁済 過払い金請求する場合、大きな障害となる可能性も...

グレーゾーンと過払い金の関係

グレーゾーンと過払い金の関係 いったいどうして過払い金を請求できるのでしょうか。...

グレーゾーンと過払い金の関係

グレーゾーンと過払い金の関係 いったいどうして過払い金を請求できるのでしょうか。...

過払い金@取り戻す.comTopへ