トップ > 過払い金請求の注意点 > 過払い金請求の前に注意すること


過払い金請求の前に注意すること

過払い金請求の前に注意すること


消費者金融業者などとの連絡は必ず、電話を避け、書類として残るようにFAXや書留、内容証明郵便などの文書で行うこととしましょう。


過払い金請求をすると決めたならこれから交渉をしていく上で、言った言わないとならないようにするためです。


業者によっては、債務者が法的によくわかっていないことをいいことに、過払い金の返金どころか、不利な和解を強いたり、訴えを取り下げさせようとすることもあります。


このような時は、提示された文書を詳しく確認し、毅然とした態度で交渉に臨むようにしたいものです。


過払い金を請求することを決めたら、自分がその対象になっているかを確認することが大事です。


過払い金請求の対象かどうかは最初の契約日や今までの返済記録が必要になっていきます。


そこで消費者金融業者など借り入れしている業者に、これまでの取引履歴を明らかにすることを要求します。


大手だと殆ど個人の要求にも応じてくれますが、してくれない場合もあるので、その場合は弁護士や司法書士に代理でやってもらうことも念頭においた方が良さそうです。


専門的な知識が豊富なので安心です。


裁判所に過払い金請求のアドバイスをしてもらうこともできるため、一人で請求することもまれにはあるようです。


しかし、仕事をしている人や借りていることを家族にばれたくないなどで弁護士などに依頼する人は多いようです。


その方が素人がやるより手続きもスムーズに進みます。

この記事のカテゴリーは「過払い金請求の注意点」です。
関連記事

過払い金請求の不明な点

過払い金請求の不明な点 過払い金を請求すれば、必ず戻るものなのでしょうか。 過払...

過払い金請求の不明な点

過払い金請求の不明な点 過払い金を請求すれば、必ず戻るものなのでしょうか。 過払...

最低限の過払い金請求費用

最低限の過払い金請求費用 過払い金を請求しても費用がかさんで手元に残らないようで...

最低限の過払い金請求費用

最低限の過払い金請求費用 過払い金を請求しても費用がかさんで手元に残らないようで...

長引く過払い金請求の対応策

長引く過払い金請求の対応策 金融庁の事務ガイドラインでは取引開示要求があれば、業...

過払い金@取り戻す.comTopへ