トップ > 過払い金請求の調停/裁判 > 過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット


過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット


過払い金請求をする時、殆どの人がプロに頼んでいるのが現状です。

しかし、デメリットもあります。


弁護士に過払い金請求を依頼する時はいくら必要なのでしょう。

一般的な費用の分類に【着手金、諸費用、成功報酬】とあります。

別に報酬金がある場合もあります。


依頼後、相場は着手金として5万程度が必要です。

着手金が無料のところもあるようです。


成功報酬は過払い金が回収できた暁に支払いますが、一般的に回収できた金額の約20%に相当する金額です。

切手代、印紙代、交通費などが諸経費となります。


これから考えると、仮に100万円の過払い金なら、弁護士費用は25万円程度になります。


これがデメリットです。


過払い金の回収金額を依頼者に教えず、多額の手数料を手にし、本人への返金はわずかな金額しか渡さない弁護士もいるようです。


いくら回収できたかの確認もするようにしましょう。


メリットとしては、法律の知識や交渉の手法に長けているプロに任せるのは安心で、弁護士は訴訟額に制限がないため確実です。

引き直し計算、過払い金請求に必要な書類の開示請求、和解契約と難しい手続きを弁護士が全部やってくれます。


また、仕事をしている人がこの手続きを全て一人でやるには、かなりの手間と時間が必要のため、相当無理をしないとできません。

また、出廷するため、平日に休みを取らなければなりません。


これらをを考え、弁護士に依頼するかを判断するのがよいでしょう。

この記事のカテゴリーは「過払い金請求の調停/裁判」です。
関連記事

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット 過払い金請求をする時、殆どの...

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット 過払い金請求をする時、殆どの...

過払い金を裁判で取り戻す

過払い金を裁判で取り戻す 過払い金を取り戻す方法としては、裁判を起こして訴える方...

過払い金を裁判で取り戻す

過払い金を裁判で取り戻す 過払い金を取り戻す方法としては、裁判を起こして訴える方...

過払い金請求訴訟と調停の違いについて

過払い金請求訴訟と調停の違いについて 過払い金の返還請求をする際に、消費者金融な...

過払い金@取り戻す.comTopへ